岡崎桜まつり&家康行列

五万石の城下町岡崎、家康という天下人の里、春のさくら祭りに家康行列がある。

画像


画像


画像


1000名に近い歴史絵巻の武者行列、家康から
足軽に至るまでが桜の下を歩む。

画像


さて家康行列は江戸時代に徳川四天王の一人、
本多忠勝を祀る神社の祭典としてはじまった。

画像


岡崎藩の武士たちが隊列を組んで鍛錬した儀式が
起源という。

画像





http://youtu.be/rXdOXI2Oo-0


この記事へのコメント

グランマーあいこ
2012年04月13日 20:18
 小島さん
又々 地元ならではの壮大な画像を有難う御座います。
昨年御地にお邪魔したのは2月でしたから 菜の花まつりの頃でした。

桜まつりがこれ程盛大に行われるとは露知らず 有り難く拝見致しました。
因みに我が家の家紋は立ち葵です 主人のご先祖様は庄屋さんで母屋の床柱には百姓一揆の傷が残って居たと 郷土誌に載っているそうです。

家紋は宇都宮城主本田様より苗字帯刀を許され 御拝領の紋所だと主人から言い聞かされていました。
15日に亡き主人の17回忌の法要を宇都宮の菩提寺で営みますが 引き出物に家紋付きの手拭を添える事に致しました。
Yoshiyuki
2012年04月13日 23:54
あい子さん、

そうですか、言葉通り、世が世ならば格式高い御家柄、「苦しゅうない・・」と言った芝居なり、映画が思い起こします。

先祖さまの行い、大事になさってください。それこそ、かけがいのない家宝です。

この記事へのトラックバック