カナダからの・・・

毎朝のこと、近くの神社に朝のごあいさつ、境内で小さな子供と若いパパがボール転しの様子、何気なく聞いたら外国語だ。

もしや、ブラジル?それとも・・と、Good morning!とご挨拶し、
あなたのお国は? Your Hometown Country?  パパが 「 Canada. 」
そして坊やに、あなたの名前は?  Your name?
坊や「○X△□○X」 パパが「ニホンゴワカリマセン!」 坊やをカナダ生まれ、小さなカートの下の子を指してニホンと教えてくれた。

画像


これまでが学歴のない、終戦後を栄養失調で遊んで育った児童の成れの果てだ。てんで、英語が思い出せない、無理もないか、今年から敬老会にお呼びだとか、そんな爺さんなら神様もお許しくださるであろう。

中国語ならもう少し成果が出せれたであろうに、しかし、乳母車カートで遊びに来ている親子ならそんなに遠くはない。きっと近くにお住まいのようだ。敵国の青年が神社で遊ぶこと自体、戦前の天照大神に「米英撃滅」を祈願して出征した兵士や、神様も苦笑しておみえであろう。

戦争は嫌だ、世界はひとつの考え、それは切実に思う。坊やに「ナイス、カントリー」と思われる国であってほしい。



この記事へのコメント

グランマーあいこ
2013年01月21日 20:38
 本当に戦争は2度と起こしてはいけません。
先日来アルジェリアで起きた日系プラント襲撃事件で行方の分からない日本人社員10名と現地人7名の安否が気遣われます。

政府は自衛隊法を改正したいとか 最近の安保条約や自衛権を巡っても何やらきな臭い臭いがして居ます。

世界中が戦争や紛争の無い国ばかりとは言えず 何時巻き込まれないとも限りませんが 子供たちの笑顔を見て居ると この子たちに私や小島さんが味わった悲しさを 決して繰り返してはならないと改めて思いますよね。
グランマーあいこ
2013年01月21日 20:48
 本当ですよね 小島さん。
今も地球のどこかで戦争や紛争が起きて居ます。
戦争を起こしてはいけないと誓い 戦争の無い国として68年目を迎えましたが この度のアルジェリアの紛争などを知って 何時巻き込まれるとも限らず残念です。

国の如何を問わず子供たちの笑顔を見て居ると 私や小島さんの味わった悲しさを2度と繰り返してはいけないと 改めて思いますよね。
Yoshiyuki
2013年01月22日 04:19
あい子さん、

いつもありがとうごあいます。
戦争の話自体を聞いたり読んだりが嫌になります。
最近はTVでも新聞でも、尖閣の話、人質の話は切なく気の毒に思います。嫌な話題は避けてチャンネルや記事は見ない、読まないようにしています。

この歳です暗い所より明るいところを歩いていきたいですよ。


グランマーあいこ
2013年01月22日 23:00
 小島さん 失礼しました。
最初の投稿がエラーと出ましたので 二重投稿に成ってしまいました。
暗い話の二番煎じで 申し訳有りません。
マロン
2013年02月16日 16:47
yoshiyukiさんへ

カナダの友人からの報せですと、カナダの人口の半分以上が黄色人種だそうです。
黄色人種がカナダに住み、カナダ人が日本に
住む。
世界は広いのか、狭いのかわかりません。

戦争は嫌ですが、仕掛けられたら防戦しなくてはならないですね。
尖閣列島はどうなりますかね?

この記事へのトラックバック