まつりの宴のあと

日本シリーズが始まった。今年は久しぶりの「広島カープ」に「日ハムファイターズ」で争われる。 みこしのを担ぐ上級生が、どちらが勝つか・・・・なんて、話しながらわっしょい!していた。 6年間ご苦労様でした。 氏神様の秋の大祭も済んだ。 一夜明けてぐっと冷えてきた。稲刈りもほとんど終わり、秋野菜も青々として伸びている。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JAまつり

例年のJA(農協)祭りに行った。今年も大盛況。 久しぶりに雲一つない晴天の下、行楽日和! 組合員も昔と違い、住宅ローン、マイカーローンなり、利用者は組合員に加入するから、 農家の組合員とは限らないから、幅が広く組合員も多い。 その会場に行けば、記念品(2000円商品券)がもらえるから、早朝から長蛇の列。 陽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イオン常滑店に行った

家内が買い物に行きたいと言った。 それでは新しいイオンに行こうーーーと久しぶりにドライブを兼ねて中部空港の隣に、ほぼ一年前にオープンした「イオン常滑店」に行った。 あんなに暑かった夏も過ぎて、爽やかな秋の一日であった。 前に行った時には、オープンしてまもなくで、TVなどで放映され話題であったから、ひと、ひと、人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散歩道の花 二題

赤と黄色のカンナの花が、ここに来てまた咲きだした。 この夏は、もう終わったかと思ったのに、盛んに咲き出している。神社の駐車場に二色揃えて植えている。誰か、役員さんが過去に植えたのだろう。 同じ土手には彼岸花が、今ぞ!という感じで咲いている。 今日あたりは肌寒い。これで平均気温だそうだ。 銀行員が半袖をなびかせオートバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

案山子秋の空に立つ

小学校の作品のアートかかしが今年も楽しませてくれる。 笑い顔、泣き顔、きれいに着飾ったお嬢さん、そして怒った顔、雀も寄り難い怖さの人生縮図のようだ。 暑さ寒さも彼岸まで・・・・彼岸がすぎれば、あんなに暑かった気温も少し和らいだ。 すぐに寒い寒いと震える時期となる。秋野菜の代表的な「大根」を播いた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

敬老会のお爺ちゃん、お婆ちゃんへ

77歳から地元町内会での敬老会に出席案内が来る。今年で三回目だ。 今日が「校区・敬老会」だった。 案内通りに出席しなければならないが、今日までわがままで生きてきた人間。はい!そうですかでは出席しませんから欠席したら、町内会長さんが届けてくれた。 袋の中味は写真のとおり・・・・。 本来は老人はご迷惑をかけて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016・中秋の名月

旧暦八月十五日が「中秋の名月」だ。 今夜は薄い雲が張っていたが、なんとか雲間から垣間見えた。 月はなんとなく切ない、いろいろ胸に迫るものがある。 遠くへ行った人を思い出す。 いつの間にかセミも鳴かなくなり、ジーーと秋の虫の声が聞こえる。 さんまの季節、今年は高いという、 庶民の味覚も遠くなるのか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満州の友を偲んで

9・11の昨日、名古屋ヒルトンで昼食をとりながら6月に逝った満州仲間を偲ぶ会、8名が寄った。 時間があったから、20代に名古屋に来てロードショウを見るために歩いた道を、再び歩いてみた。 そこには高速が通り、各地は様変わり、大シネマスクリーンの劇場跡には劇団四季の劇場とホテルが建ち・・・・柳が垂れた納屋橋の水面は汚れていた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

迷走ブーメラン10号台風

東京の南で発生して、ゆっくりと西進して大きく発達。そこでブレーキをかけてストップ! 探しものごとく、よれよれと元来た道へ戻り出し・・・一気に大型台風となって日本本土に向かった。 向かった先が東北地方。東北にとっては記録を取って初めての珍事。 みちのくへは初めて上陸という、初めてづくし、台風が立ち止まり戻る、ということも80…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

残留孤児の孫女とキャラメル

満州で少年期を過ごした故里で出会った残留孤児の陳さん。 彼女は養父母と早期に死別したから資料がない。本人の記憶もあいまいだが、周囲はあんたは孤児だ、日本人だ。というレッテルが貼られ、中国公安の調査も済んでいる。 その彼女も脳梗塞で倒れてリハビリ中。文盲の彼女に代わって次女がメールで私と交信し、情報交換している。 その次女か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奈良井宿 木曽中山道

松代で宿がとれた。終戦も近い、大本営をここ松代に越そうと、朝鮮半島から多勢連れてきて、地下に壕を掘り、完成を見ずに終戦を迎えたのだ。 今は真田の六文銭ブームであって、残念であるが今回は見送った。 帰りに木曽街道をゆっくりと帰宅の途にする。 奈良井宿に久しぶりに寄った。あの人や、この人と、あの団体で一緒だったり、若き日の思い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牛につられてーーー善光寺

「牛に引かれて善光寺参り」で有名な、年間600万人が参詣する国宝、善光寺。国宝の本堂や重要文化財の三門など歴史的建造物が建ち、多くの信者は全国から、昨年は7年に一度の御開帳があった。 ここは、二つの宗派の共同管理という珍しい形態。知識が誤ったら南無阿弥陀仏。お許しあれ! おふくろが私の爺さん、養子娘であったから父親の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均寿命と平均余命

平均寿命と平均余命 厚労省から日本人の平均寿命が発表された。 それによれば女性87.05歳。男性は80,79歳であり、世界一の長寿国とばかり思い込んでいたが、そうではなかったようだ。 女性は2014年までは3年連続世界一であったが、香港にトップを明け渡した。 男性も香港、アイスランド、スイスに続いて4位だそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久田村開拓団の碑を見て・・・・

杉原千畝記念館の「人道の丘」と呼ばれる広大な公園の一角に「久田見開拓団の碑」がひっそりと建っている。 碑文にはこのような内容が刻まれていた。 「久田見村の農村から昭和十九年までに国策に沿い多くの農家は、満州牡丹江市の寧安県の馬蓮河に入植し、久田見開拓団を創設した。 茫漠たる荒野を拓き敢闘精神で成果を上げたが、昭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ー杉原千畝記念館を訪ねてー

熱中症、熱中症とテレビで脅されて、家からは外出できないくらいの連日の暑さ、でも、一度どこかに行くか・・・と、老人夫婦の協議の末、日頃から一度は見ておきたかった日本人外交官「杉原千畝」の記念館に行った。 ヨーロッパのリトアニアという小さい国の、領事館の一外交官の人道的な行いの物語。 時は1940年の頃。映画にマスコミを賑わしたから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボランティアーゴミ拾い作戦

毎年であるが社会運動の一つとしての地域環境のゴミ拾い作戦に参加した。 ボランティアとして80歳で参加ができれば幸せだ。遠くでTさんを見た。同年だ、お互いに最高年齢だ。 ボランティアは、ラテン語のボランタスvolunts(自由意志)を語源としており、自発性に裏づけられた奉仕者、篤志家を意味するものである「コトバンク」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用丑に食べるキュウリなのか・・・

ネットで注文したから名前を忘れてしまったが、長いキュウリが採れた。 地面で伸びている姿は、まるで蛇で食慾が引く! 味は同じだが、少し皮が硬い感じがする。 ヘビではなく、ウナギと思えばいいか。今年は我が家は景気がいい。朝からうなぎだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票結果で憲法改正に向かうか?

どうでもいいと思いながら国民の義務、朝、散歩を兼ねて投票を済ませた。 今年からは18歳まで参政権が下げられた。高校生に大学生だ。 何よりも投票に行く、政治に参加しよう。投票率が信じられないほど低い。 戦後の民主主義を浸透させるべく、いろいろ工夫された。 その中に、投票済証を子ども会が回収するーーという行事があった。村単位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幡豆のたんぼアート 鳥羽の火祭

昨年も見たが今年の「たんぼアート」を撮影に行った。 高い位置から絶好のロケーションの地であるが、本年はテーマからイマイチ感。 市の観光の目玉の火祭りで、その起源は約1200年前とされています。 お祭りは、境内に高さ5メートル、重さ2トンの巨大な松明「すずみ」が2基設置され、斎戒木浴で心身を清めた「神男」が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関心の選挙

従来は20歳で選挙権が得られた。この参院議員選挙からは18歳となった。 どの候補者が良いかは、十分に考えられるであろう。 先輩は十八歳なら、国難に勇んで戦場に赴いたし、銃後でも活動した。 教育さえすれば、考える力は備わるはずだ。教育から政治問題を遠く距離をおき過ぎたような気がする。 結果では憲法が改正されるかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more