おーいーー!

今朝のこと、友人の訃報を聞かされた。 SNS上で知り合った”満州”で少年時代を過ごした連中の集まりだ。 掲示板を作り、そこで満州の思い出や、日頃の他愛ない話など、書き綴っては笑い転げ、少年の心の満州時代に戻っていた。 東海三県に住まう連中は、時折寄って親交は深くなっていたから、彼が癌であること、彼から余命半年と宣告され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参院選近く 準備が始まった

我が県は人口増加で定員が一人増加して4人区となった。 今までは自民1、民主2というのが定位置であったが、この度は立候補予定者は9人。 落選する人は5人である。この人たちは神社に掲示が張り出されているが、結果はまさに神のみぞ知るということか。 写真と所属の政党だけでは分からない。 今も都知事がセコイとか、公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

43回 西尾市吹奏楽定期演奏会 を聴く

今年も団員の奥様から夫婦にチケットをプレゼントされた。 今回はステージも団員が少ない気がした。流動的な何か原因があるのかな・・・。 「歌劇・カルメン」より抜粋。 「狂詩曲・スペイン」 「「セビリアの聖体祭」 と編成のプログラム。 ジプシー女に、兵士ドン・ホセの知ったメロディが聞こえるまでに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

壮大なるサギ・・・?

地元で老人ばかりのパソコンを触っていれば幸せーーという集まりがある。 パソコンから世間の出来事までの話題は幅広いジャンルで集まればワイワイと。 その時に話題がWindows10の話題になった。 「朝起きて、パソコン起動したら10になっていて面食らった!」 「えっ、夜中に変えちゃんたんスか!OKのクリックしたんでしょ」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新東名を行く 長篠サービスエリアへ

もう空いただろうと、爆発人気でパーキングが満員状態であった。長篠古戦場近くに設けられたサービス施設に行った。 長篠城を救わんと徳川、織田連合軍が、長篠の少城を攻める武田軍と、両軍が正面で対峙した設楽原を眼下に建てられた、テーマーパーク的な休息所。 やはり連休や土、日を避けた甲斐があり、駐車場はガラ空きだった。 本来の目的は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雉も鳴かずば撃たれまいーーという言葉

よく昔から「雉も鳴かずば撃たれまい」という教訓。 黙っていりゃいいものを、下手に喋るから、ひどい目にあった、なんて時には、よく使われる。 田舎の我が家。最近は農作業が始まって、棲家を追われたのか、やたらとキジが鳴く。 「ケーン」と鳴くと表現されるが、そうは聞こえぬが表現は難しい。「カとケの間」の音に聞こえる。 モノマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁を破った!

ゴールデンウイークの最後の日。 自分自身は毎日が黄金に輝く日々の気楽な暮らしで”日々是好日” 息子の嫁の爺ちゃんがーーといっても少し私より下の年齢ー「西尾の爺ちゃんに長く合わないなあ・・・」 というひと言で、嫁の設定で宅にお邪魔して昼をご馳走になった。 それが、住宅街の中に建つステーキ屋さんだった。 今は通りでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏

子供の日、最近は祝日に国旗を揚げる家がめっきり減った。 そういう我が家も揚げていない。釘で打てない壁材になってからはあきらめた。 鯉のぼりも孫が大きくなってからは、空を泳ぐことはない。 おひな様を飾った孫は嫁に行き、鯉のぼりを喜んだ孫はおデートが忙しいのか顔も見ない。 今日は立夏。 仏様へお供え物ということで、老妻の気…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神社にからす??

毎朝の散歩コースの神社でのできごと。 なにか拝殿の扉の前で黒い影・・・からすのようだと確認できた。 柏手打っても逃げない!飛べないようだ。 まだ頭には産毛が残る。フライトテスト中に落ちたか、または失速して神社に着陸? いずれにしても逃げない、逃げられない赤ちゃんカラスだ。 ひとまわりしてもまだいるようなので、家…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「満州バカ」につける薬

バカの語源には諸説あるようだ。 ○○バカ・・・という度を越した行動。 バカなことをしたものだ・・・という否定。 バカ者・・・という軽蔑。・ バカ野郎・・・という罵倒。 ・・などなど、バカでも挙げられるバカがあるのは、有名な「釣りバカ日記」に「天才バカボン」など、私もバカなことは幾つもしたし、今もしている。「満州バカ」が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅の友 ご苦労様でした

ふと気付いて確認をしたら、やはりパスポートが切れかかっていた。 来月がアウトだ! 思えば全部が中国のスタンプだ。それ以外は行く必要がないのだ。 中国旅行目的が専門のパスポートがあれば、そういうのがないかなあーと思う。 子供時代過ごした密山、鶏西、牡丹江、ハルビン、長春。そして通過点の北京、上海、瀋陽、青島、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーン・・・傘寿かぁ

桜も散り始めた。 例年なら満開だというのに年々早くなる。これも地球温暖化と言われているそのせいだろうか? 昨夜は家族みんなで一足早く誕生祝いをしてくれた。 孫婿の彼が営業勤務する「まるは食堂」でだ。少し遠方であるが行く価値がある店だ。 創業のおばあちゃんがリヤカーで売りながらの魚屋さんで、そこから発展した魚の食堂。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我が家の周りの桜情報

方々で桜の便りが聞けます。 名古屋気象台は21日に、九州と同じ日の全国トップを切って開花宣言が出されたのに、つい先日の寒気で足踏み状態、今日は暖かな日和にどうかと見ましたが、紅色がこぼれるように頭を出していました。開花に近い様子、明日は咲くでしょう。 名古屋からは約40キロの位置。田舎ですから環境温度は低目で、それがこの差に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜・名古屋気象台は開花宣言

グーンと暖かを増した今日この頃、一週間も早く桜の開花宣言が出された。 福岡と名古屋気象台が日本で一番早く開花宣言だ。例年に比べて一週間早い。が、いつもの散歩コースは、まだつぼみも固い。 街中と違い、自然に囲まれた環境下では、気温も差があり、しばらくは先だ。 樹に組み込まれたコンピューターが感知しないのだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

涅槃で待つという言葉

満州での少年時代を過ごしたネットの仲間五人の集まりができてから数年経つ。時折寄っては昔話、思い出を語り合った。少年ながら敗戦国の外地という最悪の体験をもつ者ばかりだ。 その中のひとりがかなり前から肝臓がんを患い、現代の医学の最高の手当てを受けて、肝臓にできるガン細胞を片っ端から焼いては、だましだまし闘病を長く続けていたが、年明けの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

庭、デッキ完成!

ウッドデッキが欲しくなり、見積もりしたら高級一眼レフが買えそうな値段が出た。 沓脱ぎ石の移動だけで、小さい重機を持ち込み、それを移動する先までをメジャーで測り、距離で値段が「このくらいかかります」という。安いテレビ一台分、無論、石の値段と同じくらい。 うちの爺さんが、どこかの河原の石で「これはいい石だ」と、お気に入り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みかわ伝承 いが饅頭

「いが饅頭」を伊賀饅頭とも書くこともあるようだ。 三重・伊賀からの伝承説もあるが、三河は昔からこの饅頭はよく出ていた。 三河の中心、岡崎あたりは伊賀八幡宮があって、伊賀八幡宮は三重伊賀から勧請した宮だ。その伊賀からのいがに因んだ元祖説を唱える。 昔はどこの家もごつい形ではあるが、三河の家庭ではこの時期に作られた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お待たせしました!

爺さん婆さんの終の棲家の方は、テラスがなかったから、雨そうな天気では洗濯干しは要注意であった。 例え生涯残り少ない時間でも、雨が降っても安心のテラスの下で干したかった。 婆ちゃんの永年の願望であった。 やっと今日、ご縁のあった会社から出向いて半日で完成した。 雨も、夏日の日差しも幾らか安らぐ、遅くなりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい大動脈は白かった

2月13日に新しく豊田東から静岡の西部まで”新東名”がつながった。 そこでエンマ様に報告のネタ仕入れに10日後の昨日、一区間走ってみた。まだ新しいので何もかもが「白い」という印象がある。 ==今回、新たに開業した新東名の浜松いなさJCT~豊田東JCT間について、1日あたりの交通量は平日で約4万3000台、休日で約4万…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

贅沢な時間 マーチングバンドが目の前

安城学園の吹奏楽部の第56回定期演奏会が、2月14日(日)に刈谷市総合文化センターアイリスホールで行われました。 民放の”所ジョージ”の「笑ってこらえて」で、マーチングの旅で安城学園マーチングバンドが取り上げられて、一躍全国へも有名になった吹奏楽の名門校だ。 三年部員の卒業公演も兼ねて、ホールは満員であった。 また…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more