テーマ:大地震に備えて

蚕が国を支えた

日清、日露戦争へ日本が進むのに膨大な金がかかった。 それを支えた輸出に生糸があり、世界遺産になった官営富岡製糸工場なる巨大な工場も建設されたようだ。 当地でも、水田を持たない貧乏な農村地帯ゆえに、蚕を育てる養蚕が盛んであった。 明治29(1896)年、地元の奥津村の財産家が寄り、「奥津製糸合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more